社会保険の種類と内容

私たち一般の国民にとって「社会保険」と聞いてどのようなことを思い浮かべるでしょうか。ある人にとっては、病気やケガをしたときの病院で提示する健康保険証だったり、またある人にとっては前の仕事を辞めて休職中の時に受け取る雇用保険だったりするかもしれません。

実は、私たちが社会生活を営む中で起こりうるリスクを補填するために様々な社会保険が用意されているのです。なお、会社員などの勤め人と自営業者などでは加入できる保険や受給の内容に違いがあるので、ライフプランを立てるうえで自分が加入している保険制度をしっかり把握することが大事です。

医療保険:病気やケガ、出産や死亡に対する給付(国民健康保険、健康保険)
年金保険:老後や障害・死亡に対する給付(国民年金、厚生年金)
介護保険:病気やケガなどで介護状態・要支援状態になった際の給付
労災保険:業務や通勤時の災害でケガや障害さらには死亡した際の給付(主に勤め人)
雇用保険:失業者や育児・介護の際の休業等に対する給付

上記の詳しい内容については順次記載してまいります。

 

〇公的年金

〇国民年金、厚生年金、共済年金

〇年金の受給手続き