生命保険の種類

生命保険の分類の仕方には、保険金の支払い事由による分類と、保険金額の変動による分類があります。

保険金の支払い事由による分類は、死亡保険、生存保険、生死混合保険の3つに分類できます。一方、保険金額の変動による分類には、定額保険、変額保険があります。

支払い理由による分類  死亡保険  被保険者が死亡した場合、高度障害になった場合  定期保険、終身保険など
 生存保険  被保険者が生存していた場合  貯蓄保険、年金保険など
 生死混合保険  被保険者が死亡した場合、高度障害になった場合、満期時に被保険者が生存していた場合  養老保険など
保険金額の変動による分類  定額保険  契約時に定めた保険金が支払われる保険
 変額保険  保険金が資産の運用次第で変動する保険

 

個人向け保険の概要

個人向け生命保険には様々な種類の商品があります。保険会社のセールスに勧められるままに保険契約を結ぶのではなく、自分自身にとってベストな保険を見極め加入することが家計の無駄を省くことになります。

保障を重視した保険

定期保険
・保険期間中の死亡や高度障害になった時に保険金の支払いがある。
・保険料は掛捨てのため安い(満期保険金はなし)。

終身保険
・保障が一生涯続く。
・死亡や高度障害になった時に保険金の支払いがある。
・解約返戻金がある(長期に加入していると貯蓄性がある)。
・相続対策に使える。

 

 

 

役員退職金、死亡退職金、納税資金確保

損害保険、総合福祉団体定期保険

国民年金と厚生年金、共済年金

年金制度について、確定拠出年金、

生命保険と損害保険

労災保険、公的介護保険

生命保険の種類と見直し

日常生活のリスクと損害保険