国家資格ファイナンシャル・プランニング技能士とは

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは、お客様の要望や家族構成などの顧客情報、プラン作成時の税制また社会情勢などを加味しつつ、資金計画(ファイナンシャル・プラン)作成と資産形成への提案、相続・贈与時の相談、中小企業経営者などへの事業承継のアドバイス、などお客様の人生設計をサポートする専門家です。

従来、民間の日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)によるFP資格認定試験制度がありましたが、2002年(平成14)から国家資格としてのファイナンシャル・プランニング技能検定(FP技能検定)が厚生労働大臣の指定を受けた金融財政事情研究会と日本FP協会により実施されています。

上記の試験には1級から3級までの試験があり合格者には国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士(1級から3級)の資格が授与されます。また日本FP協会による民間資格のCFP、AFPもあります。

最上位の1級試験を受けるためには、関連する一定の業務経験など受験資格が厳格に定められており、筆記試験合格後さらに実技試験(面接)をクリアした者だけが、「1級ファイナンシャル・プランニング技能士」を名乗ることができます。

なお、ファイナンシャル・プランナーの業務は独占業務ではないので資格がなくても営むことはできますが、ファイナンシャル・プランンナーの業務は多岐にわたる知識が求められ、専門的な視点で的確なアドバイスやプランを作成するニーズが高まっていることから、1級ファイナンシャル・プランニング技能士の活躍する場が今後ますます増えてくることと思われます。